気分良く泳ぐ兄さんとファミレス

山梨の甲府はフルーツ大国と言われるくらい、果物の栽培が行われている。
日本では珍しい海に面していない県で南アルプスなどの山脈に囲まれている。
そのために、漁もできなければ稲作もまったく盛んではない。
なので、山梨を治めた殿様、柳沢吉が果物栽培を推進したのだ。
江戸よりも優れている何かが経済を潤すと考えたのだろう。
甲府の水はけのよさと、山国ならではの寒暖の差はみずみずしい果物を実らせる。

無我夢中で跳ねる兄さんとオレ
人類の大半は水分という調査もありますので、水の摂取は一人の人間の基盤です。
水分補給をしっかり行い、お互いに健康的で楽しい夏を過ごしたいですね。
きらめく光の中より蝉の声が耳に入るとこの時期、いつもはあまり出かけないという方も外に出たくなるかもしれません。
すると、女の人だったら日焼け対策について丁寧な方が多いのではないでしょうか。
暑い時期のお肌のスキンケアは秋に出てくるといいますので、どうしても気にかけてしまう部分ですね。
そして、誰でも気にかけているのが水分補給につてです。
ましてや、いつも水分のとりすぎは、あまり良くないものの、夏の時期は例外の可能性もあります。
なぜかというと、多く汗をかいて、気付かないうちに体から水分が出ていくからです。
外に出るときの自分の健康状態も影響するでしょう。
ともすると、自分で気付かない間に軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
暑い時期の水分補給は、次の瞬間の体に表れるといっても言い過ぎではないかもしれないです。
短時間だけ外に出る時も、ちっちゃいもので充分なので、水筒があったら非常に経済的です。
人類の大半は水分という調査もありますので、水の摂取は一人の人間の基盤です。
水分補給をしっかり行い、お互いに健康的で楽しい夏を過ごしたいですね。

どしゃ降りの土曜の午後に食事を

家の前でハンモックに揺られ、心地よい風に身をゆだねていた、休日の夕方の事。
頭上には一番星が光り始めていた。少年は、自分ちの猫が「ギャニャァッ!」という大きな声に驚き、ハンモックから下に落ちてしまった。
目を凝らして観察すると猫はヘビと睨み合い、歯をむき出して叫びながら威圧していた。
蛇はそう大きくはなく、毒も持っていなさそうだったので、少年は小枝で追い払い、ネコを抱いてまたハンモックに寝そべった。少年は、ネコの背中を撫ぜてやりつつ胸の上で寝かしつけ、気持ちいい風に身をまかせた。

のめり込んで体操するあの子と飛行機雲
求められて、山のモウソウダケの切り倒しを手伝っていたが、大きく重い竹がとっても多くて苦しかった。
知人が土地の管理を両親から引き受けて、モウソウダケがかたまり生えていて、伐採しても運び出しづらかったらしい。
俺は、ちょっと仕事で使う竹が手に入れたかったので、もらえるとなり、ありがたくて良かったが、密集した竹やぶの里山から出すのもきつかった。

よく晴れた週末の明け方にビールを

見るのに以外と長く歩き進まなくてはならない動物園は、9月はとっても暑くて汗がでる。
友人夫婦と子供と自分と妻と子供とそろって行ったが、すごく蒸し暑くて厳しかった。
めっちゃ暑すぎるので、動物もたいてい動いていないし、奥の物影に隠れていたりで、さほど観察出来なかった。
この次は、涼しい水族館などが暑い時期はいいかもしれない。
子供が大きくなったら夜の動物園や水族館も普段と違いよさそうだ。

涼しい日曜の深夜はビールを
旅行でも業務でも、韓国への渡航回数が多い。
特に、博多港からすぐ行ける釜山。
観光ももちろんだが、女の人だったら韓国のスキンケア商品やファッションなど興味がある方も多いのではないだろうか。
韓国人は見た目へのこだわり、つまり自分を磨くことに関しての勢いは強い。
就職活動や、結婚の際に、日本に比べて露骨に判断されるシーンが多々ある。
自然と、韓国製の基礎化粧品は、美容成分が日本の物より多く含まれている。
なので、合う合わないは出てくるものの、結果は期待してしまう。

どしゃ降りの水曜の夜は友人と

何か贈り物を考えなくてはと考えている。
記念日が近くて、家内に何か贈り物したいとはいえすごくいいプレゼントが思いつかない。
嫁になんか欲しい物があるのならば、話は早いが、たいして、物を欲しがる気持ちがないので、本人がもらって喜びそうなものが考え付かない。
とは言っても、妻に気づかれない様に欲しい物を見つけて驚かせて喜ばせたい。

一生懸命叫ぶ彼とアスファルトの匂い
随分久しぶりの地方への出張の当日、初めて業務で同行したAさんは、怖そうな上司だ。
最初に会った時以降貫禄があり、プラーベートな会話はまったく話す機会がなかった。
この前、ただ何気なくAさんの半袖になったがっしりとした腕をみてかなりびっくりした!
大粒のパワーストーンブレスレット10個以上つけられていたため。
咄嗟に、パワーストーン大好きなんですね!と出てしまったほど。
そしたらAさんは得意げに、なおかつやさしい顔で、それぞれの石の名前語ってくれた。

よく晴れた木曜の夜は微笑んで

友達の彼氏のSさんが経営する会社で、朝食用に紀州産の梅を使用した梅干しをオーダーしている。
飲むと電話をかけてくるSさんの部下でアルEくんという男性は、言ってることが分からな過ぎてトークがかみ合わない。
ノンアルの時のE君は、非常に照れ屋らしくそんなにたくさん話してくれない。
したがって、私自身、E君とまともに会話をしたことがない。

じめじめした金曜の深夜に散歩を
毎夜、キリンビールを飲むのが習慣になっているけれど、最近はそのあとにワインも飲んでいる。
もちろん、翌日に接待のような仕事がない時に限るけれど。
家族と離れて暮らしていた時に、アパートの近くでワインショップを見つけて、父の日のために購入したことがある。
私はかなり見栄っ張りなので「1万円くらいのワインを探しています」なんて言って。
父に贈った、そのワインが1万円ほどしたことをついに伝えると、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他に感想はないようだった。
この一件で、あまりワインの値段にはこだわらなくなった。
あー最高だと感じるアルコールだったら、金額や質にはこだわる必要は、今のところない。

サイト内カテゴリ